ジョブリンクプラス

フェイスブック
HOME > コラム >どう違う?【1】一般事務&営業事務

column vol.151

どう違う?【1】一般事務&営業事務

派遣のお仕事の中でも女性人気ナンバーワンが「事務」です。

事務は仕事内容によって細かく職種が分けられることもあり、中でも企業からのニーズが高いのが「一般事務」「営業事務」の2つです。

「一般事務」と「営業事務」の違い、あなたは知っていますか?


【一般事務とは―】

「一般事務」は、専門性をあまり問わない事務職のことを指します。
仕事内容としては、部署内のサポート業務を中心に、電話・来客応対、パソコンを使った簡単な資料作成、庶務的なことまで幅広い業務を含みます。
一般事務の中でも、データ管理や資料作成などOA操作が大きなウエイトを占める事務職を「OA事務」と呼ぶこともあります。
一般事務は、事務系のお仕事の中では未経験OKの案件が多くなっているので、事務デビューにぴったりですね。


【営業事務とは―】

誤解されがちなのでですが「営業事務」は、営業職ではなく、営業部署をサポートする事務職です。
主な仕事は、資料や見積書の作成、受発注管理などです。
お客様と電話や対面で直接やりとりすることもあるので、しっかりしたビジネスマナーと臨機応変の対応力が期待されます。


※参考・出典「一般社団法人 日本人材派遣協会

一覧に戻る >